輪郭小顔矯正でエラは小さくなりますか?

一般に顔の中でエラといわれる部分は
下顎骨(かがくこつ)というれる下あごの
部分をします。

この部分はもともとの形として
大きく張り出している場合も
ありますが

それ以上に重要なことは
ここには咬筋(こうきん)という
口を開閉する結構力の強い
筋肉があります。

通常顔にある筋肉群は
表情筋または、
皮筋というれるものがほとんどで

皮膚と骨をつないで
笑ったりしかめっ面をしたりと
いう顔の表情を作るので
あまり大きな力を発することはありません。

しかし、この咬筋は
物をかみ砕くという
とても大きな力を発揮する
役割を持っています。

ですから固いものを
たくさん噛むといったことから

悔しくて奥歯をかみしめるといった
メンタルな部分に関しても
大きな働きをします。

奥歯をグっと噛みしめると
ストレスを回避できるといわれています。

ですから、
ストレスを回避するすべを
持つこともエラを小さくする秘訣です。

このサイトをフォローする!