目の高さの違を治すセルフケア

目の高さ違いが
頭骸骨の場合は
根本的には体全体を
調整していく必要があります。l

しかし、わずかな差であれば
本日ご紹介する
セルフケアで変化が出ると思います。

通常の整体でもそうですが
当院の場合は
強く押したりもんだりしません。

強く押すと
体表で筋反射が起こり
刺激が中に入っていきません。

セルフケアも同じで
動画でもお話ししていますが
顔が動くほど力を加えると
ダメです。

顔が動くという
運動のエネルギーに
変わってしまって
目的の所へ刺激が
届かなくなってしまいます。

普段から強い刺激を
受けている方には
物足りないかもしれませんが

「こんな力で良いの?」

という刺激です。

これは顔に限らず
身体も強く刺激をしません。
それでも変化出ます。

そもそも
骨は収まる位置が決まっていますので
元へも度足すだけですので
必ずずれた道筋があります。

それを見つけてあげると
小さい力で戻っていくます。

逆にいうと
強い力が必要というのは
戻す方向が間違っていると思います。

小さい力で大丈夫です。
ぜひお試しください。

[ws_table id=”1″]