エラが大きくならないためにすること

アメリカのメジャーリーグの
選手たちが試合中に
良くガムを噛んでいます。

あれはリラックスするためだ
という話を聞きました。

脳の中で聴覚や視覚が
影響を受ける部分が扁桃体
噛む筋肉の中心となるのは
咬筋(こうきん)という筋肉で
この筋肉をしっかり使うと

扁桃野への刺激が抑制
されるといわれています。

つまりリラックスできるということです。
逆にいえば、ストレスがたくさんある人は
このストレス解除法を
無意識にしている場合が多く
その結果、エラを大きくする
咬筋が発達して
立派なエラが出来上がります。

ストレスがなくなると
エラも小さくなるという話です。

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です