アゴの歪みを自分で治す

今日の小顔作りセルフケアは
顎の歪みを改善する方法です。

小顔づくりで障害になるのが
顔の歪みです。

とくに、歪みやすいのは下顎骨(下顎の骨)です。
ほかの骨に比べて動く範囲が大きく
ほほづえやうつぶせ寝でも影響を受けます。

まず鏡で顎の先端が
顔の中央のラインにあるかどうか
確認することから始めてみましょう。

もし歪んでいれば
少しずつ大きく口を開けて行って
どちらが動きにくいか確認します。
次にまっすぐ開けることができるように
顎の曲がり角に親スピを当てて
まっすぐ誘導するようにして
セルフケアします。

詳しくは動画をどうぞ。

[ws_table id=”1″]

このサイトをフォローする!