小顔に見える髪形の落とし穴

阿倍野区小顔矯正大阪「健康塾」です。
今日は小顔に見える髪形の話をします。

健康塾に来られた時に
最初カウンセリングをします。

まず全般的な体の話を聞いて
体の歪みからくる原因を探します。

次にお顔の具体的な
悩みをお聞きします。

その時お顔に歪みがないか
正しく見るために髪の毛を耳にかけて
ほほの輪郭を見せていただきます。

女性は髪形で印象が凄く変わります。
髪の毛を耳に掛けていただくと
顎(あご)のラインがしっかり出ますね。

もちろんそれを気にして
髪の毛でカバーしているし
小顔矯正に来られるわけです。

実はこの髪形がかえって顔を
大きく見せてしまっていることを
知らない方が実に多くおられます。

左右に垂らした髪形で
ほほやエラのラインを隠そうとすると
どうしてもうつむき加減になります。

つまり猫背になって首が前に出ます。
以前もお話ししたように
首が前に出ると2つの理由で
顔が大きく見えたり
実際大きくなります。

1) 体(胴体)より顔が前に出ると
遠近法で大きく見える。

2) 首が前に出ることで
首の横に斜めに走っている
胸鎖乳突筋(きょうさにゅとつきん)が
硬くなって、
血液とリンパの流れが悪くなる。

だからこの髪型でほほ(エラ)を隠すことには
本当はあまり意味が有りません。

背筋を伸ばして、胸を開いて
肩甲骨を背骨に寄せて
お腹を引っ込める。

この姿勢をとる方がお顔は
ずっと小さく見えます。

体の歪みが有ったら
この姿勢をとることがちょっと大変です。
しかし、姿勢を整えることが小顔への
近道と覚えておいてくださいね。

体の歪みを改善して小顔になれる
健康塾SBバランス整体院@大阪阿倍野区

このサイトをフォローする!