ボトックスによる小顔効果と整体

ボトックス注入を

小顔効果を得るためにした場合は、

数か月に一度定期的に、

施術を受けたるということです。

 

結構な負担となる場合もあります。

 

これは

続けてボトックスの施術に

通っていかなければならいいということです。

 

なぜ定期的にボトックスの

施術を受ける必要があるかというと、

 

ボトックスによる小顔の効果は、

ボトックスを注射することによって

下あごにある咬筋(‘こうきん)の働きを抑制します。

 

大きく見えるエラ部分を少しでも小さくさせる理由は、

筋肉を衰えさせることによってって得ることが

できるようです。

 

通常は段々と薄れていくのが、

施術後のボトックスの効き目の経過です。

 

えらが小さく見え小顔になるのは

ボトックス事態の効果による場合、

最初の状態に半年から1年程度で戻ってしまうようです。

 

これはデメリットとも言えますが、

ボトックスの効果が必ずなくなることは

逆に良いポイントでもあり、

メリットであるとも言えます。

 

なぜならばボトックスによる

小顔効果に最初描いていたものと違い

納得できない所があったとしても、

半年後にはもう一度一からやり直すことができるからです。

 

美容整形手術をして満足できなかった場合

再手術ということになるのですが、

このボトックスによる小顔のための施術は

そういう意味ではリスクが低い小顔を得るための

手段だと言えます。

 

しかし、エラの大きくなる原因の一つに

奥歯のかみしめや

片噛があれば結局一緒です。

 

噛み癖やかみしめは

体のゆがみから来る場合も結構あります。

 

ボトックスに行く前に

一度体の調整をすることをお勧めいたします。

 

小顔矯正。輪郭矯正専門整体院

健康塾SBバランス整体院