輪郭矯正 顔の歪む原因はほほ杖?

お顔の歪みで
ポイントになるところは
下あごの骨です。

下顎骨(かがくこつ)といい
正面から見ると
下1/3ぐらいのボリュームはあります。

特に下顎骨は
動くことを前提としています。

しゃべったり
ものを食べるときに
ぜったいに動く骨です。

しかし、
腹話術の時は動きませんけど・・・。

この骨への力のかかり方として
ほほ杖というのは
ものすごくイレギュラーです。

一回や二回であれば
問題ではありませんが

習慣として
毎日しているのであれば
顎関節に多く負担がかかり続けます。

この力はいらない力です。
顎関節は全方向に
少しは動く余裕はあります。

しかし、
特定の方向に
継続的に力を受け止めることは
できない構造になっています。

しかし、
ここで問題として
提案したいのは
ほほ杖をつく状況のことです。

なぜほほ杖を突くかということの方が
重要な問題となってきます。

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です