毎日見る顔に対する悩みを解消

自分の背中を見ることは
通常はありません。
(見えません)

鏡でも見えないですね。
合わせ鏡でやっと見えるようです。

写真でなら
見ることができます。

しかし、自分で写真は
とることができません。

つまり、自分の背中とか
太ももの裏というのは
中々なじみがありません。

それに引き換え
お顔は鏡を通して
毎日見ているといっても
過言ではありません。

思春期ともなれば
なおさらです。

ですから
何らかの理由で
一時になる部分を見つけると
必要以上に
鏡を通して見入ってしまいます。

プラスの部分ならいいのですが
マイナスの部分を見つけると
ずっとコンプレックスとして
悩み続ける場合もあります。

その原因が
先天的なものであれば
ある意味仕方ないのですが
後天的に物であれば・・・

ここでいう後天的なものというのは
お顔の歪みです。

直接顔に力がかかって
歪む場合と

他の場所からの代償として
歪む場合があります。

どちらにしても
本来の形があって
歪んだものであれば
それは改善します。

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です