子供の頃の捻挫が顔の歪みを作る

[ws_table id=”1″]

顔の歪みの原因で
考えられるものとして
ほほ杖やうつぶせ寝等
現在の生活環境に依るものと
顔以外の体の歪みに依る
ものがあります。

基本的には、
その辺りのことを
聞き取り(カウンセリング)をして
原因を考えていきます。

ただし体の歪みとなると
その原因がどこから来るかということを
考えなくてはいけません。

例えば骨盤の歪みかがあったとします。
この骨盤の歪みは
普段の仕事の形態や
スポーツの内容、
日常生活の立ち方、
座り方も関係してきます。

さらにといえば、
小さい頃
学生時代や極端に言えば
幼稚園の頃にした
捻挫も原因になりうります。

しかし、幼稚園の頃といえば、
まだ体も柔らかく
骨端の形成もできていないので
どにらかというと
中学、高校の辺りの
怪我は十分に原因となります。

現実現れている顔の痛みも
その人の人生のストーリーとして
考えて行くことによって、
より適切な調整ができると
私は考えています。

そのかたの中にあるが、
意識に現れていない部分の
原因も考慮して輪郭矯正をします。

このサイトをフォローする!