小顔になる呼吸法

呼吸から小顔を考えてみます。

私たちは呼吸により、
酸素を取り入れて
二酸化炭素を体外へ
排出します。

この呼吸いかんでは
体内に取り入れる
酸素の量が変わってきます。

体内に入った酸素は
身体の修復に使われていきます。

いかに多くの酸素を
上手に呼吸をして
取り入れるかが大切になってきます。

小顔の原因の一つに
巻き肩、猫背があります。

試しに肩を前に出して
背中を丸めて
息を吸ってみてください。

上手に据えないのではないでしょう。
今度は胸を張って
背中を起こして

息を吸ってみてください。

上手く吸えるでしょう。

となるはずですが
実際は中々行くますえません。

呼吸は姿勢が全てではなく
横隔膜と胸郭がどう動くかに
ポイントがあります。

少々背中が丸くなっていも
息は吸えます。

実際思いきり走った後
手を膝に置いて
背中を丸くして
はぁはぁっと息をすいませんか。

元々四足の時は
胸郭は背骨に対して
直角に付いています。

しかし二足歩行をすることによって
胸郭は斜めになって
呼吸とともに背骨に焚いて
垂直になろうとしてます。

その為良い姿勢とをすると
たくさん呼吸が吸うえるというのは
実は間違いなのです。

間違いとまでは言えませんが
姿勢の問題でなく
胸郭の動きを付けることの方が
大切だといえます。

今日のセルフケアは
胸郭を調整する簡単な体操です。

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です