ほほ骨の左右の高さをそろえる

顔の大きさより
気にされる部分に
ほほ骨の形です。

この骨自体は元々
前へ張り出す形となっています。

もちろんこの骨も
単体で存在するのではなく
頭蓋、顔面の様々な骨と
隣接しています。

身体の歪み影響も受けるし
首(頸椎)の歪みの影響もうけます。

今回お話しする
ほほ骨の高さの違いは

ほほ杖をつくことによって
現れる現象です。

ほほ杖は
顎につく肩と
このほほ骨につく方に大別されます。

このほほ骨にほほ杖をつくと
結構歪んでしまいます。

逆にいうと
少しの力で調整することもできます。

この部分の歪みがあると
かみ合わせにも微妙に影響もします。

顎関節の部分ではなく
歯の当り方に結構影響が出ます。

なんとなく歯のかみ合わせが
気になる方に
このほほ骨(頬骨)の調整をすると
結構すっきりします。

今回は左右の高さを
調整するセルフケアをお話ししています。

[ws_table id=”1″]