エラを小さくするポイントは顎関節にある

顔には23個の骨の結合でできています。
骨と骨のつながりを関節といいます。

関節というと肩や肘などの
動く部分だという認識があります。

もちろん多くの関節は
動くことを前提に
構成されています。

しかし、顔や頭の関節は
縫合といわれる部分で
あまり大きな動きはありません。

特に頭や顔の骨は
肩や肘の様に動くと
人相が変わって大変なことになります。

しかし、微妙ですが
頭蓋骨は動いています。

その中で顎関節という
あごの関節は
逆に一般の関節の様に
良く動きます。

しゃべったり、
物を食べたりするためです。

ですから
顎関節を介して
側頭骨と下顎骨をつないでいる
咬筋は大きな力を
発揮することかできます。

エラが気になる方に
カウンセリングをしていると
ほとんどの方が
奥歯の噛みしめや

夜中の歯ぎしりを家人に
指摘されています。

ですからエラを
シャープにするために
自分でてできることとして
奥歯の噛みしめや
ほほ杖を辞めるだけで
実はエラの部分はシャープになるんです。

その秘密は・・・。

[ws_table id=”1″]

このサイトをフォローする!