顎が痛い、顎の動きが悪い

顎が痛いというのは
ほとんどの場合
顎関節の痛みと言えます。

口を開けるというのは
単純に重力で
下がる訳ではありません。

単純に顔の筋肉を緩めても
口は1cmぐらいしか空きません。

口を開けるために働く筋肉
「舌下筋群」

口を閉じるための筋肉
「咬筋等」

筋肉の力的にいうと
口を閉じる筋肉群の方が
はるかに大きいと言えます。

体のバランスが崩れてきて
口を閉じる筋肉と開ける筋肉の
バランスが崩れた状態です。

逆に言えば
顎の痛みや動きの制限は
バランスの調整をすることで
改善することが良く見られます。

元々の原因が
足首にあることもあります。

例えば顎が開かない時
坐って口の開閉をしたり
立って口の開閉をしたり
あるいは寝転んで
口の開閉をした時

顎の痛みや動きに
変化が出る場合は

原因は顎以外に
あることが多いといえます。

ですから
顎の痛みを
一番遠い足首から改善することもできます。

[ws_table id=”1″]

このサイトをフォローする!