輪郭小顔矯正を猫背から考える

小顔矯正で来られる方に
共通していることは
猫背巻肩です。
 
 
猫背巻肩でも顔の小さい方も
おられますが
顔が大きくて小さくしたいと来られる方は
ほぼ100%といっても良いほど
猫背巻肩です。

 
ここに小顔矯正の成功の
ヒントがあります。
 
 
猫背自体は
・前首タイプ
・円背タイプ
・腰後弯タイプ
などに分けられますが

首が前に出ると
それだけで遠近法で
顔が大きく見えてしまいます。
ということは何もしなくても
首(顔)を少し引くだけで
顔は小さく見えます。
(小さくなるわけではありません)
 

首が前に出ると
何が起こるかというと
首の横にある
「胸鎖乳突筋」
(耳の後ろから首を斜めに走り、鎖骨・胸骨に付着)
という筋肉が短縮(凝って短くなる)
 
 
その状態が長く続くと
血流やリンパの流れが悪くなり
老廃物が滞ったり
血液の流れが悪くなります。

 
猫背自体は
肩こりや果ては腰痛の原因にもなりますが
大顔の原因にもなります。 

そのことを考えると
小顔矯正というのは
顔の調整だけではだめなことが
解ると思います。

  
体のバランスの最終調整場所が
顔でもあるので
顔を小さくするとか
歪みを治すということに必要なのは
骨盤の矯正と猫背を改善する
といっても過言ではありません。

[ws_table id=”1″]

Follow me!